タイトルはきまるまで未定(仮)

福岡市中央区桜坂駅徒歩5分のプライベートヨガ空間 ハタヨガ&リストラティブヨガ&プライベートレッスンmokuyoga・もくよが
  

悲しみに寄り添うということ 個別化について

何か違和感を感じたり、
驚く出来事が目の前で起こった時、
その事象を理解するときに、私たちは通常
「◯◯の人たちは△△である」と
カテゴリ化するような視点で語りがちです。

◯と△の間に
□□だから
というキーワードもはいりがち

例えば、

中学生は反抗期だから返事をしない
老人は年齢のせいで頑固
母親は母性があるので子育てに向いている
女性は甘いものがすき
ヨガするひとは身体が柔らかい
ヨギーニはベジタリアン
ヨガインストラクターは早寝早起き

などなど。

この「くくる」こと前提とした考えかた、社会学では一般化といいます。
反対は、個別化といいます。

最後の例を個別化して言い換えると、

Tさんは朝空腹の状態でヨガをすることが気持ちよく
効果感じてるので、そのために早起きで、
早起きするために早寝を習慣としている。

というようになります。

マインドフルネスを実践しはじめて、
単純に年齢と経験を重ねた事も原因にあるのかもしれませんが、
この「◯◯だから△△」と安易に一般化された言葉を、
耳にすることに、違和感を感じるようになってきました。

わかってたまるかよ
いわれたくねーよ

という反抗期みたいな言い方はしませんが、、、笑

自己認識が高まるにつれ、
自身の感情や行動と、その背景や源泉にあるニーズ(要求)が
繋がってきたということが、大きな理由です。

自分が眉をひそめた、その1つの筋肉の動きにも、
昨日と今日では全く別のニーズがひそんでいる、そう感じます。

そして、自身の繋がりを意識するようになると、
自分以外の人の行動も、事件も事象も、勿論自然現象も、

そう簡単ではない、

と畏怖の念が強くなります。

そして、それらを変えようとすること自体に無理がある、
コントロールしない、受け入れることの方が自然であると感じ、
「感情」も単純には解明できない何かが
自分も含め、各個人に起こっていることが
いとおしく、大切にしたい気持ちが深まります。


一方で、
一般化された「◯◯は△△である」型に、はまって
◯◯らしく演じながら生活するほうが楽、
というのは、日本人が日本人として生きるために
小さなころから「らしさのバイアス」をかけられて訓練されてきた結果かもしれません。

こんな「論」を
展開している理由はここから。


大変悲しい出来事が周囲に起こったこと、が原因です。
私自身に、ではなく、非常に親しい方、でもないのですが、
本当に深い悲しみを感じて、想いが募って、
その方の現状に共感すればするほど、
何もできない自分がもどかしく、
いたたまれない気持ちになります。

何かしてあげたい気持ちを、伝えられれば、
とも思うのだけれど、深い悲しみをその方がいま
どのように受け止め、どうしてほしいのか、
それは非常に個人的なことであり、深い部分であり、
私には、もしかしたら誰にも、分らない。

その方を大切に思うからこそ、
この自分のわからないを解消するために、

こうしてほしいだろう

という一般化された予想をあてはめず、
作為無作為を超えたところで
1日に何度か静かに座り気持ちにより添う、と決めました。

それで十分である、と。

届く届かないという意図を捨てて、
その人の悲しみに100%心を傾ける、
という選択をするにあたり、一般化と個別化の議論は
自身の気持ちの整理のために役立ちました。

苦しみや、悲しみに、寄り添うとき、
その方法が自分のものなのか、その人が望んでいることなのか、
迷ったとき、、、、この私の経験が役に立てば、とここに記しておきます。


HPはコチラ
Facebookはコチラ

RESERVA予約システムから予約する

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

または mokuyoga@gmail.com まで
●お名前 ●お電話番号 ●ご希望日時
をお知らせください。

各種お問い合わせへの返信は、mokuyoga@gmail.comより送信させていただきます。
メールフォームからお問い合わせ頂きましたら基本的には24時間以内に返信いたします。
返信が届かない場合、お手数ですがPCメールの受信拒否設定、
迷惑メールフォルダに届いていないかなどご確認をお願いします。

もくよが規約詳細は→コチラ



田中裕子 mokuyoga mokuyoga@ もくよが 福岡市中央区ヨガ ヨガ福岡市中央区 中央区ヨガ ヨガ中央区 桜坂ヨガ ヨガ桜坂 六本松ヨガ ヨガ六本松 薬院ヨガ ヨガ薬院 リストラティブヨガ リストラティブ桜坂 リストラティブ福岡市中央区 リストラティブ福岡市 こづれヨガ 子連れヨガ 福岡こづれヨガ こづれヨガ桜坂 ハタヨガ福岡 ハタヨガ桜坂 ハタヨガ薬院 ファスティング 中央区ヨガ ヨガ中央区 プライベートレッスン福岡 プライベートレッスン福岡市中央区 マンツーマンヨガ福岡 マンツーマンヨガ福岡市中央区

2018/04/13(金) 23 13:40 | 日記 | トラックバック 0 | コメント 0

終わりを味わう

スタジオからの風景

本日の宵の入り空、
サクラ色でした。

Vl-xWlJvzn6hXwehspGX2Leo-apLj7ym3choWcEC3nEpX92IB.jpg

本日7年通わせて頂いたお志事、契約満了にて最終日。
成長させて頂いた場、たくさんの出会いをつないでくださった場
に感謝の気持ちがあふれています。

終えたら次の展開があるとか、
やってきたことが実績とかいう、
終了をプラスによらえよう的な、未来への前向きな転換よりも
おわることの味わいを深くじっくり、しみじみ身につけて
経験を重ねてゆきたいと思う今日この頃。

先日も山下弘子さんの話題にふれましたが、
落語家さん故立川左談次さんのエピソードに
触れたばかりだったので、いま、タイミングよくも
そのようなことを想うのかもしれません。

左談次さん、ガン宣告をうけてからも
闘病中の病院を抜け出しながら落語家として活動、
2015年からほぼ毎月渋谷らくご高座にあがられていました。
3月11日(私がうかがった初しぶらくの翌々日)には
放射線治療の途中、副作用のあるなか
「サヨナラのご挨拶をしにやってまいりました。」と喋った8日後
19日にお亡くなりになりました。

w4CiOkeM_kfmxRQmwNWM5DrG1zDiYIiz1PqpHzh7FQQpX92IB.jpg

11日の左談次さんのご挨拶あとは
同じ一門の立川寸志さんの演目が「死神」だったとか。
洒落てます。

さいごのさいごまで今を生きていた、ご本人談ではありませんが、
想像するに最後の日々を存分に味わっていたともいえるのかも。
そういう、生き方と死に方をセットにして想う、日々を重ねてゆきたいです。


ということで、
火曜午後、水曜午前中の時間帯、4月よりプライベートレッスンのご案内可能となります。
(いきなり宣伝www)

レッスンご案内はコチラ
スケジュールはコチラ

今日は祝い膳したくなり
3月末で移転となる浄水にいはらさんにてランチ、
こちらは4月以降、あさだ荘さんのシーズビレッジさんの店舗の一角で
営業再開とのことです。
こちらまた趣が変化しそうで楽しみです。

6y0_YWBI6cnc_9zxUaCLypEtumhYllLelD3EC63nH8spX92IB.jpg

otv4s9SBHSy2YC8RQyFRYykgoGc5_0kU26NRAfIBqNkpX92IB.jpg

dBXUO6ULqfk02SygbDYzPi1HJeBwfu7S5kaNCMLLvXgpX92IB.jpg




HPはコチラ
Facebookはコチラ

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

または mokuyoga@gmail.com まで
●お名前 ●お電話番号 ●ご希望日時
をお知らせください。

各種お問い合わせへの返信は、mokuyoga@gmail.comより送信させていただきます。
メールフォームからお問い合わせ頂きましたら基本的には24時間以内に返信いたします。
返信が届かない場合、お手数ですがPCメールの受信拒否設定、
迷惑メールフォルダに届いていないかなどご確認をお願いします。

もくよが規約詳細は→コチラ

田中裕子 mokuyoga mokuyoga@ もくよが 福岡市中央区ヨガ ヨガ福岡市中央区 中央区ヨガ ヨガ中央区 桜坂ヨガ ヨガ桜坂 六本松ヨガ ヨガ六本松 薬院ヨガ ヨガ薬院 リストラティブヨガ リストラティブ桜坂 リストラティブ福岡市中央区 リストラティブ福岡市 こづれヨガ 子連れヨガ 福岡こづれヨガ こづれヨガ桜坂 ハタヨガ福岡 ハタヨガ桜坂 ハタヨガ薬院 ファスティング 中央区ヨガ ヨガ中央区 プライベートレッスン福岡 プライベートレッスン福岡市中央区 マンツーマンヨガ福岡 マンツーマンヨガ福岡市中央区

2018/03/28(水) 20 54:28 | 日記 | トラックバック 0 | コメント 0

【追悼】今を生きる

もくよが文庫(貸出本)のラインナップの一冊

11111.jpg 

人生の目覚まし時計が鳴った時の著者
山下弘子さんがお亡くなりになりました。

19歳の時、ガン宣告をうけ、
半年の宣告の先を6年後の25歳、昨日まで生きぬいた女性です。

もくよが初の読書会の課題本、
幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと
の著者中山氏の記事から、
彼女をおったドキュメンタリー番組を知り、
関東のみの放映だったものですが、
友人に依頼して録画してもらった位、興味をもったテーマでした。
(こちらもスタジオに置いています。)
その時のブログはコチラ

ドキュメンタリーのタイトルはキャンサーギフト、
つまりガンが贈り物であるという意味。。
受け取る人、また、受け取り方によっては、
厳しい反応も予想される言葉です。

山下さんのブログタイトルは、
「今を生きる」
www.yamashitahiroko.com/
今を生きるというブログをつづっていた方が
現代の理屈でいえば、今生きていません。

マインドフルネスは「いまここ」を重んじます。
過去や未来ではなく、
いまの積み重ねを大切にできることが、
人生をより豊かにできる、幸福に生きることが出来る。
沢山の実践者の動機づけにはそのことがあると思います。

「死生観」
メメントモリ(死を想え)
時折、立ち止まり、考えるテーマです。
立ち止まらせられる、ともいえる。

いつも、
死を想うことは、今を想うことであると気づきます。
今を大切に想うことで、死を大切に受け入れられるとも。


今を生きて、今を想うこと
普通にしていると忘れがちなこの事を
命をかけて示してくれた一人の女性に感謝。




メールでのお問い合わせはこちらをクリック
または mokuyoga@gmail.com まで
●お名前 ●お電話番号 ●ご希望日時
をお知らせください。
各種お問い合わせへの返信は、mokuyoga@gmail.comより送信させていただきます。
メールフォームからお問い合わせ頂きましたら基本的には24時間以内に返信いたします。
返信が届かない場合、お手数ですがPCメールの受信拒否設定、
迷惑メールフォルダに届いていないかなどご確認をお願いします。

もくよが規約詳細は→コチラ
田中裕子 mokuyoga mokuyoga@ もくよが 福岡市中央区ヨガ ヨガ福岡市中央区 中央区ヨガ ヨガ中央区 桜坂ヨガ ヨガ桜坂 六本松ヨガ ヨガ六本松 薬院ヨガ ヨガ薬院 リストラティブヨガ リストラティブ桜坂 リストラティブ福岡市中央区 リストラティブ福岡市 こづれヨガ 子連れヨガ 福岡こづれヨガ こづれヨガ桜坂 ハタヨガ福岡 ハタヨガ桜坂 ハタヨガ薬院 ファスティング 中央区ヨガ ヨガ中央区 プライベートレッスン福岡 プライベートレッスン福岡市中央区 マンツーマンヨガ福岡 マンツーマンヨガ福岡市中央区
2018/03/26(月) 01 14:39 | 日記 | トラックバック 0 | コメント 0

脳の可塑性について

日本にて10回目となるSearch Inside Yourself の
スタッフ参加にて江戸へ参勤してまいりました。

2018-03-10_09-33-17_642.jpeg

これまでのべ1000名を超える方が受講してきたSIYは
また内容に深みが加えられ実践のしやすさに配慮がなされ、
企業から社費で参加されている方が増えています。

SIYランチタイム恒例の、
サークルトーク、
先駆的に企業でマインドフルネスに取り組まれている
SIYスタッフお仲間のYahoo!の中村さんのサークルには、
企業でマインドフルネスを実践したい方からの
具体的な実践にむけての質問とお話が飛び交っていました。

2018-03-12_12-45-40_092.jpeg 

中村さんの企業内でのマインドフルネスの取り組み、
本日の読売新聞に掲載されています。
注目が集まっています。

2018-03-20_10-02-00_237.jpeg


2016年11月の初回を含め、
恐らく6回程SIY開催の場に立ち会輪せて頂いておりますが、
毎回終了後に所感が湧いてまいります。
自分の感覚ながら、あらかじめ意図したものではなく、
湧いてくるものをキャッチすることは味わい深いものです。

今回は17:30のセミナー終了後、
飛行機の時間の関係で18:30には会場を後にしなければならず、
バタバタと片付け&終了ミーティングを終え、
羽田空港に到着したあたりのタイミングで、ふと、感じたことがありました。

ふと、というか、正直ワナワナしたというか、
気づきというよりは、困惑に近い感覚です。

困惑の元は最終ミーティングの際の自分のコメントです。

「お疲れ様でした。
私、いま、正直、かなり疲れています。
疲れていることを、認めて発言していまう自分がいます。」

こんな内容です。


これまでですと、

講師のお二人、スタッフ、参加者の皆さんから沢山のエネルギーもらえました。
明日からの糧にしてまた精進したい!

的発言してたような気がする。
このこと自体は、嘘ではありません。

がしかし、
今回のポイントは…これまでの自分は、

疲れているなどと、言葉にはしないどころか、
疲れてしまう自分は弱く、我慢が足りず、気力体力がない、
ということを認められず、
弱さを他人に悟られてはならない、と構え、
そのことを認識しようとすらしなかったかもしれない。

ヨガ哲学の基本にある「サティヤ」の実践…
こんなところにあったのか、と気がつきました。

そして、安心して委ねてよいコミュニティーが
私の周囲には既にあること、
この現実に気づいたことも、大きな出来事です。

すでにある

このことを
意識していながら、
その、確信部分までは、
今まで振れていなかった、と…
と猛省しております。

が、こんな感じで急に降りてきたりするから、
面白い。

脳のつくりは確実に変化しているのだと、
可塑性を確信したのでした。

実践×実践×実践×∞
ああ、また面白くもあり苦しくもある
愉快な日々がはじまってしまうー訳でございます。





メールでのお問い合わせはこちらをクリック
または mokuyoga@gmail.com まで
●お名前 ●お電話番号 ●ご希望日時
をお知らせください。
各種お問い合わせへの返信は、mokuyoga@gmail.comより送信させていただきます。
メールフォームからお問い合わせ頂きましたら基本的には24時間以内に返信いたします。
返信が届かない場合、お手数ですがPCメールの受信拒否設定、
迷惑メールフォルダに届いていないかなどご確認をお願いします。

もくよが規約詳細は→コチラ
田中裕子 mokuyoga mokuyoga@ もくよが 福岡市中央区ヨガ ヨガ福岡市中央区 中央区ヨガ ヨガ中央区 桜坂ヨガ ヨガ桜坂 六本松ヨガ ヨガ六本松 薬院ヨガ ヨガ薬院 リストラティブヨガ リストラティブ桜坂 リストラティブ福岡市中央区 リストラティブ福岡市 こづれヨガ 子連れヨガ 福岡こづれヨガ こづれヨガ桜坂 ハタヨガ福岡 ハタヨガ桜坂 ハタヨガ薬院 ファスティング 中央区ヨガ ヨガ中央区 プライベートレッスン福岡 プライベートレッスン福岡市中央区 マンツーマンヨガ福岡 マンツーマンヨガ福岡市中央区
2018/03/20(火) 10 18:09 | 日記 | トラックバック 0 | コメント 0

江戸へ参勤

HPが新しくなりました。
https://mokuyoga.jimdo.com/



週末は
マインドフルネスSIYセミナーお手伝いのため
江戸へ参勤させて頂きました。


帰りの飛行機の中で、
自分の脳の構造がアップデートされていたことに
ハタと気づき、驚愕したはなし、
はまた別の機会に。



金曜のよるは
待望の渋谷らくごにて久しぶりのライブ落語(^^)/

やはりライブはいいですねぇ、
はじめていく場所での
ちょっとした緊張感も、エッセンスとなり、十二分に楽しめました。

28700983_1826023340770701_6919035767535409521_o.jpg 


そして自分と噺家さんの間にある見えないスクリーン、
そのスクリーンには江戸の風景が映っていました。



ふと感じたのは、
ヨガのレッスンと落語の類似点、、、

落語は同じ噺でも、噺家さんが違うと全く別物になります。
落語はまくらと呼ばれる、エピローグの小噺があり、
本編につないで古典もの、創作もの、のストーリーが語られる構成。

当然、まくらの部分は全員違いますし、
時事ネタなども盛り込まれ、毎回違ってきます。
本編も、同じ噺家さんでも、年代や場所により、
そしてその日のコンディションなどにもより、違う。
二度と同じ舞台をみることは出来ません。

年代ごとに同じ人の同じ噺の録音をきくというのも、
落語の楽しみ方のひとつでもあります。





ヨガにも落語でいう古典ともいえる
基本のアーサナ(ポース)、
多くのレッスンでおこなわれるアーサナ
があったりしますけれど、
各々のインストラクター独自のフロー(ながれ)や組み合わせ、
アーサナについての考え方や方法があります。

言葉の使い方も違いますし、
声のトーンや、カウントの長さ、
そして学びの深さ、そして経験によって、
同じアーサナを伝えていても、
人により、そして同じ人でも、その時々で
また受ける側の経験や状況によっても
伝わり方は違うものになるでしょう。


落語家さんは、
お手伝いの見習い期間を経て、
舞台にあがってからは前座を4年、
二つ目を約10年、そしてやっと1人前の真打とよばれます。

が、修行は一生続くといわれています。

ヨガ修行も、一生終わらないなぁ。。。
つくづく毎日思います。


スタジオメンバーの皆様には
修行にお付き合いいただいているともいえる。

同じ川筋を一緒に歩いていただいている皆さまに感謝。

そして、ひとつひとつのレッスン、
2つとない今日のひとときを、改めて大切にしたいと思います。

最後にオトされて笑って楽しいのが寄席なら、
人生の淵にオチないように寄ってい頂くとよいのが寄我でございます。


全然オトせてておりませんが、決まり文句は
おあとがよろしいようで。







メールでのお問い合わせはこちらをクリック
または mokuyoga@gmail.com まで
●お名前 ●お電話番号 ●ご希望日時
をお知らせください。
各種お問い合わせへの返信は、mokuyoga@gmail.comより送信させていただきます。
メールフォームからお問い合わせ頂きましたら基本的には24時間以内に返信いたします。
返信が届かない場合、お手数ですがPCメールの受信拒否設定、
迷惑メールフォルダに届いていないかなどご確認をお願いします。

もくよが規約詳細は→コチラ
田中裕子 mokuyoga mokuyoga@ もくよが 福岡市中央区ヨガ ヨガ福岡市中央区 中央区ヨガ ヨガ中央区 桜坂ヨガ ヨガ桜坂 六本松ヨガ ヨガ六本松 薬院ヨガ ヨガ薬院 リストラティブヨガ リストラティブ桜坂 リストラティブ福岡市中央区 リストラティブ福岡市 こづれヨガ 子連れヨガ 福岡こづれヨガ こづれヨガ桜坂 ハタヨガ福岡 ハタヨガ桜坂 ハタヨガ薬院 ファスティング 中央区ヨガ ヨガ中央区 プライベートレッスン福岡 プライベートレッスン福岡市中央区 マンツーマンヨガ福岡 マンツーマンヨガ福岡市中央区
2018/03/13(火) 21 53:00 | 日記 | トラックバック 0 | コメント 0
前のページ 次のページ

スマホのかたはコチラもどうぞ

QRコードを読み込みでスケジュールや連絡先などに簡単アクセス♪ こちらのURLからも登録いただけます。 https://smappon.jp/h85jvbyh

メールフォーム

体験レッスンご希望の際は ●ご希望日時 ●ご連絡先お電話番号 も本文内に入力ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム

カテゴリ

ブログ内検索

Copyright ©タイトルはきまるまで未定(仮) All Rights Reserved
Powered By FC2ブログアフィリエイト.